Java Web Start による起動 †
ネットワーク経由で起動する方法です。デスクトップやスタートメニューにショートカットを作成できたり、バージョンアップ時に自動的にアップデートされたりなどの特徴があり、お勧めの起動方法です。 J2SDK1.4.0 以上がインストールされている環境でブラウザから以下のアイコンをクリックすることで自動的にインストール、起動を行うことが出来ます。
侍を起動→
JRE がインストールされていない環境では ActiveX ベースのインストーラ をご利用ください(IE のみ)。
初回起動時にはセキュリティ上安全でない、起動を勧めない旨のメッセージが表示されますが、気にせず「開始」を押して起動してください。 これは侍がログファイルの読み取り、解析結果のキャッシュとしてローカルファイルシステムにアクセスする必要があるためです。これはテンポラリディレクトリに出力されます。悪意のあるコードは含まれておりませんが心配のある場合は付属のソースコードをご覧頂くか、コードを逆コンパイルの上解析して頂いて構いません。 信頼の出来ない署名付きのJava Web Startを起動することは危険な行為であることを常に認識してください。 技術上、Java Web Start アプリケーションはあなたの PC を乗っ取り、重大な損害をもたらすことが可能です。 コンピュータのセキュリティの設定によっては samurai.jnlp というファイルがダウンロードされるだけで侍が起動しない場合があります。その場合はダウンロードした samurai.jnlp をダブルクリックしてください。 
なんだこのページ?
ロボットが造ってくれたのかな?
#counter

Reload   New Edit Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes