MacとJavaと映画と


最近のエントリー


最近のレスポンス
Re: それでも僕はやっていない
確かに、ラストの落としどころは良いですね...

Re: それでも僕はやっていない
ボクもこないだ観たよ~。 いや~、怖いね、満員電車。 ラストシーンが好きだったね~。小日向文世...

Re: 帯状疱疹
おぉ、聞いたことないけれども何かとかかっ...

Re: 帯状疱疹
家のカミサンもなったことがあります。 早くよくなるといいですね。

Re: 帯状疱疹
うーん、仲間がいると思うと気が休まります...

Re: 帯状疱疹
聞いたことなかったですけど、結構かかる人...

Re: 帯状疱疹
私もかかったことあるんでわかりますが,結...

Re: 帯状疱疹
ご愁傷様です。早くよくなられることを願っ...

Re: 麗しのサブリナ
やっぱりヘップバーンはいいですねー

Re: 麗しのサブリナ
ひさしぶりに侍ズムを開いたら、私の入り込...
2月 2006
    1  2  3  4 
 5  6  7  8  9  10  11 
 12  13  14  15  16  17  18 
 19  20  21  22  23  24  25 
 26  27  28     
1  |  今日  |  3





はてなブックマーク数

あわせて読みたい


follow yusukey at http://twitter.com



学校で習った英語と実際の使われ方が違うのって良くあること。
多くの場合は習ったことが間違っているわけじゃなくで、「こういう場面でも使われるんだー」というもの。

とてもシンプルで、違和感というか驚きを覚えたのは "good night"。
もちろん「おやすみなさい」だと習ったけれども、日本でいう「お先に失礼します」的な場面でも使われる。
have a good day! の延長線上にあるんでしょうか、アフターファイブもお互いエンジョイしましょうね、みたいなニュアンスだと思う。
日本語で帰りがけに「おやすみなさい」って言ったら、「あれ、彼は具合でも悪いんだろうか」とか思ってしまうかな。

タグ :



コメント追加

タイトル
本文
HTML : b, i, blockquote, br, p, pre, a href="", ul, ol, li
名前
E-mail
Webサイト
保存しますか? はい  いいえ 

E-mailは公開されません, このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。(解除可能)

トラックバックURL http://yusuke.homeip.net/diary/.action?entry=1139353807694