« サーバ復活 | メイン | 料理をするぞ!カレーを作るぞ! »

2004年10月26日

water leak

朝イチで区役所に行ったら定時にちょっと間に合わそうだったので今日は午前休に。
休んだついでに洗面所で水が漏っているのを不動産へ通報、すぐに業者を呼ぶけど今日は家にいるか?、とのこと。
たまにはゆったり、ということで今日は1日休みに。どうせ使いきらない年休はちょくちょく消費しないと。

水漏れ現場

不動産へ電話をしたのは10:00ごろだけど昼過ぎになっても業者から連絡がない。もう一度不動産に電話してプッシュする。
ようやく13:30ごろ工務店?から電話が入る。症状を話すとたぶん施工に問題はなく化粧台自体の問題だと思われるので化粧台のメーカーに連絡するとのこと。たらい回しだ。
14:30ごろになると化粧台のメーカーから電話があった、様子を見に行くけど今週在宅している日はいつか?とか呑気なことを言う。「今日だよ、今日!そのために休んだんだから!!!」
「それでは(午後)3時から6時くらいの間に伺います」
なんて曖昧な・・・弥生時代の方ですか?
16時くらいにようやくメーカーの方が来てちょっと調べたところ、かなり珍しいところから漏れているので、化粧台自体に問題はなく蛇口自体の不良の可能性がある、とのこと。たらい回しだ。
蛇口のメーカーに見てもらうが今週在宅している日はいつか?とか呑気なことを言う。」今日だよ、今日!そのために休んだんだから!!!」
最後に蛇口のメーカーの方が18時に到着。ちょっと調べたところ斜めにねじ込まれている部品があって水がへんなところを伝っていたらしい。作業自体はほんの30秒くらいで直ってしまった。

ごくごく簡単なちょっとした問題なのにたらい回しにされて解決に大変時間がかかってしまった。
業種は違えどカスタマサポートをする者として身にしみた。

洗面器でもソフトウェアでもリークに関連する障害は切りわけに時間がかかる。WebLogic ならJDBCコネクションのリーク箇所は自動的に検出してくれるけど、水の場合はどうなんだろう?
ガス漏れを検出してくれるのは知っているけども。粘度が違うだけで基本的にガス漏れのシステムを応用できるよね?もちろん漏れている箇所を検出するのは無理だと思うけど。
調べたところ日本では業務用のがぽつぽつある程度で、なかなか家庭向けのは見あたらない。
海外の製品を調べるとWaterCopなんかは家庭用っぽい。
ガスと同じく水漏れを検出すると自動的に元栓を閉めてくれる模様。
ほかにもいくつかあるみたい。やっぱ家が広いと気づくのが遅れて大問題になるから製品化されているんだろうか。

投稿者 yusuke : 2004年10月26日 18:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yusuke.homeip.net/diary/mt/mt-tb.cgi/120

コメント