« Catwoman | メイン | 下妻物語 »

2004年07月30日

通報

夜、九段下の道端でなにやらもめてるサラリーマンがいた。
男性2人対1人で口論、というか2人組が一方的に1人に叫んでる。
2人組「・・・なんだよォ。わかったか?オイ!」
1人「わかりましたァァァ」
2人組「聞こえねェンダヨ」ボコッ。
ボコッ??おいおい、殴ってるよ。穏やかじゃないな。

近くにエンジン掛かりっぱなしの車があるのでぶつけたとかこすったとかそういうトラブルかな?
大の大人が殴るのはフェアじゃないし、危ないので警察に通報してみた。
仲裁にはいってもいいけどナイフとか取り出してきたら怖いからね。殴られるのはべつにいいけど。

3,4分で警察が来ると2人組みはさっと散ろうとした。間に合わず。事情聴取を受ける運びとなった。
私も第三者としてなにかとインタビューを受けるのかと思えば住所名前を書いて名刺を渡しただけで帰って良いとのこと。たぶんないけどなんかあれば連絡するって。
夜9時過ぎでさっさと帰りたかったのでその場は離れたけども当事者の話だけを聞いて解決するんだろうか?
それとも警察からすれば血もでてないけんかでわざわざ通報するな、て感覚なんでしょうか?
自分がトラブルに巻き込まれたときがちょっと心配になった。

投稿者 yusuke : 2004年07月30日 23:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yusuke.homeip.net/diary/mt/mt-tb.cgi/77

コメント

でーじょーぶでーじょーぶ。フトバグで鍛えたそのアンヨがあれば、どんな相手からも逃げられるって。いや、ひょっとしたら、パンチもストールできちゃうかもよ!!

投稿者 D2 : 2004年08月07日 18:50