« アドルフの画集 | メイン | キューティーハニー »

2004年06月12日

21grams

を見た。
http://www.21grams.jp/
予想通り映画館はがらがら。

事故で3人をひき逃げした人、事故で旦那と子供2人を失った人、事故でなくなった男性から心臓移植を受けた人の話。

時間軸をずらした演出を多用しており、最初メメントを思わせる雰囲気で期待させた。しかし実際はストーリーごちゃごちゃにしているだけで演出上特別に必要だとは感じなかった。

I am Samで純粋な父親を演じ、ミスティック・リバーでチンピラを演じたショーン・ペンが今度は心臓移植を受けた人の複雑な心境を好演していた。

今日は新宿の松竹で見たが、上映前のコマーシャルが一部フィルムでなくPCからの映像が流れていた。
コンテンツの入れ替えを低コストでできるんだろうけど、フィルムにくらべてコントラストが弱く、シャギーが目立った。フィルム特有の粒状感もなく、とても解像度が足りていない。
DVDの登場で(レーザーディスクはあったけどそんな普及はしていないでしょう・・)家庭でみられる映像の品質はだいぶ向上したけども恐らく解像度はこれと同等かそれ以下なんだろう。映画館に匹敵する映像が家庭で見られるようになるのはきっとまだまだ先なんだろうなーと思った。

投稿者 yusuke : 2004年06月12日 23:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yusuke.homeip.net/diary/mt/mt-tb.cgi/53

コメント

僕はね、世界の中心で愛を叫ぶ を見てきたよ。まぁまぁ良かった。森山未来君って結構好きなの。

あー、早くムーバブルタイプとかはじめなきゃだね〜。

投稿者 danny : 2004年06月13日 13:29

コメントしてください




保存しますか?