« 洗車 | メイン | Adium X 0.58 »

2004年06月07日

夜、車を運転していたら猫が道に横たわっていた。かわいそうに、轢かれたらしい。
また轢かれてはかわいそうなのでどけてやろうとするとミャーミャー鳴いた。死んではいなかった。
何を私に言っているんだろう?
・人間の車に轢かれたよ。おまえどうしてくれんだ?病院つれてけ
・痛い、痛い、助けて
・早く楽にしてください
残念ながら猫語は勉強が足りないので理解できない。

うちには犬もねずみもいるのでいきなりつれて帰るわけにもいかない。ひとまず歩道に寄せて、気をつけろといって立ち去った。

ゆっくりして、また歩けるようになると良いのだけども・・。
単に苦しみを長引かせただけなのだとしたらかわいそうなことをした。

以前大学生の時にも自転車にのっていてに血だらけになった轢かれた猫をみつけたことがある。そのときは頭が幾分か欠けていた。近いうちに亡くなることはわかっていたのだが、やはりミャーミャーないていた。ものすごく悲しい気持ちになりながらも道端にどけてまた轢かれないようにしただけ。近所の人が、明日保健所に連絡するわ、といっていた。
家に帰るまでに血だらけになった手は乾いてパリパリになった。

前回も今回も自分の判断があっていたのかはわからない。自己満足かもしれないけども、私にできるのはせめて彼(彼女?)のことを少しでも長く想ってあげることだ。
きっとあしたにはひょこひょこ歩き出しているに違いない、と自分に言い聞かせる。

投稿者 yusuke : 2004年06月07日 00:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yusuke.homeip.net/diary/mt/mt-tb.cgi/47

コメント

そういう気持ちって伝わってると思います。声をかけられたことで猫も少しは安心したんじゃないかな。

投稿者 akira : 2004年06月07日 08:21

あ〜、犬やネコを轢いてしまったことを思い出してしまったぢゃん。

犬は車のライトに向かって突進する習性あるし、ネコは度胸試しでもしてるのかというくらいのきわどいタイミングで道路横断しようとするからねぇ。 

常々気をつけているつもりだけど、やっちまった。よけたら、多分、オレが死んでたんで。

投稿者 danny : 2004年06月07日 11:08

私はまだないな。轢いたこと。

ダニーのは当たり屋だったんじゃないのか。

子供の頃、バイクに足を轢かれたことならある。

あんまりいたくなかったし、バイクも知らんぷりして

走り去っていったけど。

投稿者 Hide : 2004年06月11日 12:47