<< Re: Re: Welcome BEA Developer Event その1~その3 | Home | WebLogic Server 10g Release 3 - Mac OSX で WLST >>

WebLogic Server 10g Release 3 を Mac OSX にインストール

WebLogic Server の最新版を Mac OSX にインストールしてみました。

1. 注意事項注意事項注意事項注意事項
<注意事項>
WebLogic Server は Pure Java 製品ではなく、Java が動く環境であればサポートされるというものではありまん。
ご購入、運用の前にはかならずサポート対象のコンフィグレーションを確認してください。
とはいえ、WebLogic Server は「大半が Java で書かれている」製品なので JVM が動作するプラットフォームであれば大抵インストール、動作します。
ライセンスでは非サポートのプラットフォームにインストールすることは禁じていないので評価、検証目的でインストールして遊んでみることは大いに可能、というのが私の理解です。
このブログエントリを見て何か上手くいかないことがあっても BE.. Oracle や、そのパートナーに問いあわせるということは決してしないでください。
何か不明な点などございましたらこのブログエントリにコメントしていただくか、Oracle MIX や、OTN 掲示板等でレポートしてください。どれも SLA はありませんが。
</注意事項>

2. 製品のダウンロード
OTN より製品をダウンロードします。
Oracle BEA Product Downloads

もちろん BEA のログイン ID ではなく OTN のアカウントでログイン、ライセンスに承諾する必要があります。
Windows、Linux、Solaris 用のインストーラはプラットフォーム固有のものなので、今回は Mac OSX でも使えそうな HP 用のインストーラをダウンロードしました。
Oracle WebLogic Server 10.3 - Package Installer > HP > Itanium: 473 MB > server103.generic.jar(要ログイン) というやつです。

3. JVM のハック
WebLogic Server 10.3 のインストーラはそのままでは Mac OSX の JDK を正しい JDK だと認識してくれません。
色々と切り分けていったところ、JAVA_HOME 以下に jre/lib/rt.jar と jre/lib/core.jar が存在する必要があるみたいです。
なので以下のように空のファイルを配置しておきます。

$ cd /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home
$ sudo mkdir jre
$ sudo mkdir jre/lib
$ sudo mkdir jre/lib
$ sudo touch jre/lib/rt.jar
$ sudo touch jre/lib/core.jar


4. Eclipse の用意
WebLogic Workshop は Eclipse ベースの IDE ですが、Eclipse 本体は自分で用意する必要があります。
#たぶん Windows、Linux、Solaris のインストーラは Eclipse ごとインストールしてくれます

必要なバージョンは Eclipse 3.3.2(Europa) + WTP2.0.3。
これは別途 eclipse.org からダウンロード、インストールしておく必要があります。
Eclipse Project Downloads
最新版の 3.4 - Ganymede ではバージョンが違う、と言われだめでした。


WTP をインストールしている様子

5. インストール
以下のコマンドでインストーラを起動できます。
 $/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/binjava -Xmx1024 -jar server103.generic.jar

ちなみに jar ファイルをダブルクリックするだけでもインストーラを起動できますが、インストール中に OutOfMemoryError が発生しました。



インストーラを起動したところ


インストーラ1ページ目


インストーラ2ページ目、BEAホームは好きなディレクトリを指定


インストーラ3ページ目、通常 Complete を選択すれば Ok


ちなみに Custom を選択するとこんな選択肢が提示されます


インストーラ4ページ目、Eclipse を選択


3.3.2 + WTP 2.0.3 でない構成の Eclipse を選択するとこんな風に怒られます


インストーラ5ページ目、製品インストール先の設定。通常はそのまま


インストーラ6ページ目、インストールコンポーネントの確認


インストール中その1


インストール中その2



インストール中その3


インストール中その4


インストール中その5


インストール中その6


インストール中その7


インストール中その8


インストール中その9


インストール中その10


インストール完了! そのまま Done をクリックすると QuickStart が始まります


QuickStart

6. スクリプトの修正
管理コンソールは相変わらず重厚長大。
Mac OSX で何も考えずに起動すると Permanent 領域不足に陥ります。

$BEA_HOME/user_projects/domains/base_domain/binsetDomainEnv.sh の 85行目を書き換えてちゃんと Sun JVM っぽい VM だよと教えてあげる必要があります。

diff setDomainEnv.sh setDomainEnv.sh.bak
85c85
< JAVA_VENDOR="Unknown"
---
> JAVA_VENDOR="Sun"


7. 起動
お馴染み startWebLogic.sh で起動します。
/Users/yusukey/bea103/user_projects/domains/base_domain/bin$ ./startWebLogic.sh
./startWebLogic.sh: Don't know how to set the shared library path for Darwin.
.
.
JAVA Memory arguments: -Xms256m -Xmx512m -XX:CompileThreshold=8000 -XX:PermSize=48m -XX:MaxPermSize=128m
.
WLS Start Mode=Development
.
CLASSPATH=:/Users/yusukey/bea103/patch_wlw1030/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar:/Users/yusukey/bea103/patch_wls1030/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar:/Users/yusukey/bea103/patch_cie660/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar:/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/lib/tools.jar:/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server/lib/weblogic_sp.jar:/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server/lib/weblogic.jar:/Users/yusukey/bea103/modules/features/weblogic.server.modules_10.3.0.0.jar:/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server/lib/webservices.jar:/Users/yusukey/bea103/modules/org.apache.ant_1.6.5/lib/ant-all.jar:/Users/yusukey/bea103/modules/net.sf.antcontrib_1.0.0.0_1-0b2/lib/ant-contrib.jar::/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/common/eval/pointbase/lib/pbclient57.jar:/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server/lib/xqrl.jar::
.
PATH=/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server/bin:/Users/yusukey/bea103/modules/org.apache.ant_1.6.5/bin:/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/jre/bin:/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/bin:/sw/bin:/sw/sbin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/X11/bin:/Users/yusukey/bin:/Library/Java/Home/bin:/Users/yusukey/maven-2.0.6/bin:/usr/X11R6/bin
.
***************************************************
* To start WebLogic Server, use a username and *
* password assigned to an admin-level user. For *
* server administration, use the WebLogic Server *
* console at http://hostname:port/console *
***************************************************
starting weblogic with Java version:
java version "1.6.0_05"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_05-b13-120)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 1.6.0_05-b13-52, mixed mode)
Starting WLS with line:
/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/bin/java -client -Xms256m -Xmx512m -XX:CompileThreshold=8000 -XX:PermSize=48m -XX:MaxPermSize=128m -Xverify:none -da -Dplatform.home=/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3 -Dwls.home=/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server -Dweblogic.home=/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server -Dweblogic.management.discover=true -Dwlw.iterativeDev= -Dwlw.testConsole= -Dwlw.logErrorsToConsole= -Dweblogic.ext.dirs=/Users/yusukey/bea103/patch_wlw1030/profiles/default/sysext_manifest_classpath:/Users/yusukey/bea103/patch_wls1030/profiles/default/sysext_manifest_classpath:/Users/yusukey/bea103/patch_cie660/profiles/default/sysext_manifest_classpath -Dweblogic.Name=AdminServer -Djava.security.policy=/Users/yusukey/bea103/wlserver_10.3/server/lib/weblogic.policy weblogic.Server
<2008/09/20 1??38??18?b JST> <Info> <WebLogicServer> <BEA-000377> <Starting WebLogic Server with Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM Version 1.6.0_05-b13-52 from Apple Inc.>
<2008/09/20 1??38??19?b JST> <Info> <Management> <BEA-141107> <Version: WebLogic Server 10.3 Fri Jul 25 16:30:05 EDT 2008 1137967 >
<2008/09/20 1??38??20?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to STARTING>
<2008/09/20 1??38??20?b JST> <Info> <WorkManager> <BEA-002900> <Initializing self-tuning thread pool>
<2008/09/20 1??38??20?b JST> <Notice> <Log Management> <BEA-170019> <The server log file /Users/yusukey/bea103/user_projects/domains/base_domain/servers/AdminServer/logs/AdminServer.log is opened. All server side log events will be written to this file.>
<2008/09/20 1??38??20?b JST> <Error> <Socket> <BEA-000438> <Unable to load performance pack. Using Java I/O instead. Please ensure that libmuxer library is in :'.:/Library/Java/Extensions:/System/Library/Java/Extensions:/usr/lib/java'
>
<2008/09/20 1??38??23?b JST> <Notice> <Security> <BEA-090082> <Security initializing using security realm myrealm.>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to STANDBY>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to STARTING>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <Log Management> <BEA-170027> <The Server has established connection with the Domain level Diagnostic Service successfully.>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to ADMIN>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to RESUMING>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <Server> <BEA-002613> <Channel "Default" is now listening on 10.211.55.2:7001 for protocols iiop, t3, ldap, snmp, http.>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <Server> <BEA-002613> <Channel "Default[1]" is now listening on 10.37.129.2:7001 for protocols iiop, t3, ldap, snmp, http.>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <Server> <BEA-002613> <Channel "Default[3]" is now listening on 127.0.0.1:7001 for protocols iiop, t3, ldap, snmp, http.>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <Server> <BEA-002613> <Channel "Default[2]" is now listening on 192.168.1.97:7001 for protocols iiop, t3, ldap, snmp, http.>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000331> <Started WebLogic Admin Server "AdminServer" for domain "base_domain" running in Development Mode>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Warning> <Server> <BEA-002611> <Hostname "rfvsdoc001.nrt1.fastsearch.net", maps to multiple IP addresses: 10.***.**.2, 10.**.***.2, 192.168.*.**, 127.0.0.1>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Warning> <Server> <BEA-002611> <Hostname "10.***.**.2", maps to multiple IP addresses: 10.***.**.2, 10.**.***.2, 192.168.*.**, 127.0.0.1>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Warning> <Server> <BEA-002611> <Hostname "10.**.***.2", maps to multiple IP addresses: 10.***.**.2, 10.**.***.2, 192.168.*.**, 127.0.0.1>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Warning> <Server> <BEA-002611> <Hostname "192.168.*.**", maps to multiple IP addresses: 10.***.**.2, 10.**.***.2, 192.168.*.**, 127.0.0.1>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to RUNNING>
<2008/09/20 1??38??25?b JST> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000360> <Server started in RUNNING mode>


8. 管理コンソールへアクセス
http://localhost:7001/console にアクセスします。
ユーザID、パスワードは weblogic / weblogic。
scott / tiger ではありませんでした。

ログインフォーム


管理コンソールにログインしたところ



Re: WebLogic Server 10g Release 3 を Mac OSX にインストール

> 最新版の 3.4 - Ganymede ではバージョンが違う、と言われだめでした。

そうなんです。Workshop 10.3は、Eclipse 3.3.2のみをサポートしています。

ちなみに、OEPE (Oracle Enterprise Pack for Eclipse) 1.0の方は、Eclipse 3.3、3.4の両方に対応しています。

http://www.oracle.com/technology/global/jp/products/workshop/
http://www.oracle.com/technology/products/enterprise-pack-for-eclipse/
http://blogs.oracle.com/devtools/2008/08/oracle_enterprise_pack_for_ecl.html

Re: WebLogic Server 10g Release 3 を Mac OSX にインストール

なるほどっ、OEPEはもう 3.4 に対応しているんですね。早い!

コメント追加 トラックバック送信