<< JBoss コンサルティングサービス | Home | Welcome BEA Developer Event - その2: 分散データグリッドの技術を学ぼう! - それ JBoss Cacheだと無料だよ >>

Welcome BEA Developer Event - その1:製品ロードマップ

BEA 買収後のミドルウェア製品のロードマップを勉強するため、"Welcome BEA Developer Event" に参加させていただきました。
Welcome BEA Developer Event [Oracleのミドルウェア製品ロードマップ説明会] ~統合でどうなる?オラクルが提供する企業システム基盤~

・Welcome BEA Developer Event - その1:製品ロードマップ
Welcome BEA Developer Event - その2: 分散データグリッドの技術を学ぼう! - それ JBoss Cacheだと無料だよ
Welcome BEA Developer Event - その3: Dev2DevからOracle Technology Networkへ!
Re: Welcome BEA Developer Event その1~その3 - S/N Ratio (by SATO Naoki)
Re: Re: Welcome BEA Developer Event その1~その3


内容としては特に目新しいことはなく、既に発表済みのことを整理して日本語で説明してくれた、といったところでしょうか。
具体的には以下のようになります。

- アプリケーションサーバ
WebLogic Server -> 存続
OAS -> 将来廃止、主要 API/ライブラリは WebLogic Server へ移植
WebLogic Express の廃止についての説明はありませんでした。

- サービスバス
Oracle Enterprise Service Bus -> 存続
BEA AquaLogic Service Bus -> Oracle Service Bus へ改名
両者は将来的に単一製品へ統合

- プロセス管理・ワークフロー
Oracle BPEL Process Manager -> 存続
BEA AquaLogic BPM -> Oracle BPM へ改名、存続
BEA WebLogic Integration -> Oracle WebLogic Integration へ改名、存続
将来的に単一製品へ統合
省略すると上の二つはどちらも OBPM になりますね・・・。

それぞれ住み分けや、使う場面が違うという説明がありながら、将来的には統合されるというちょっと不思議なメッセージでした。
WebLogic Integration を BPM 製品に統合するというメッセージは薄く、将来的に大幅に書き直す必要がでてきそうです。

- IDE
Oracle JDeveloper -> 存続、WLS に対応予定
BEA Workshop for WebLogic -> 単一製品 WebLogic Workshop に統合(済)、将来廃止
BEA Workshop Studio -> 単一製品 WebLogic Workshop に統合(済)、将来廃止
BEA Workshop for JSP -> 単一製品 WebLogic Workshop に統合(済)、将来廃止
Eclipse ユーザ向けにはOracle Enterprise Pack for Eclipse をリリース(新、済)
http://www.oracle.com/tools/enterprise-eclipse-pack.html

JDeveloper は社内ビルドは既に WebLogic Server に対応しているとのことで、「どういうポジションの人なのかよくわからない」佐藤直生さんがデモをしてくださいました。
アプリケーションのデプロイに失敗していましたが、何やら回避策を適用し損なってしまっていた様子。正式版じゃないからしょうがないですね。
カッコイイデモの流れは佐藤直生さんの blog でもご覧頂けます

しかし、生粋の WebLogic Developer は VisualCafe > JBuilder > WebLogic Workshop(100% Pure BEA版) > WebLogic Workshop(Eclipse版)と数々の IDE を乗り換えさせられてきた経緯があります。
4回目の IDE 移行を強いられるのは正直しんどいですね。
しかし、JDeveloper 見た感じは結構使いやすそうでした。Eclipse は好きでない、どちらかといえば NetBeans や IDEA の方が手に馴染むという人にはいいかもしれません。

今後廃止されるという WebLogic Workshop も合わせてデモしていたのは意図がよくわかりませんでした。

全体的に、方向性がハッキリとわかりやすかったのは WebLogic Server と IDE。
どれがメインストリームになっていくのかよくわからなかったのはサービスバスとBPM製品といった感じでしょうか。

また AquaLogic Pathways、AquaLogic Pages、AquaLogic Ensemble といった "Web2.0" 系の製品、WebLogic Communications Platform、WebLogic RFID * など元々メインストリームでない(?)製品には触れていませんでした。

タグ :


[bea][event] Re: Welcome BEA Developer Event その1~その3

9/8に開催した「Welcome BEA Developer Event」に、元BEA、現レッドハット/JBossの山本裕介さんがスパイとして潜入していたようで、イベント レポートを書いてくれているので、遅ればせながらコメントを。 S/N Ratio > 「Welcome BEA Developer Event」無事終了 (2008/0

コメント追加 トラックバック送信