MacとJavaと映画と


最近のエントリー
BBQ


最近のレスポンス
Re: 工場見学デー
いえ、酒飲みどころか結構な下戸です! 酒屋さんからIT業界とはおもしろいキャリ...

Re: 工場見学デー
面白いですよー。見学も無料だし、オススメ...

Re: 工場見学デー
ひょっとして酒好きですか? 俺のマイミク...

Re: 工場見学デー
これはおもしっろいすね。 自分もいってみたいっすわ。

Re: ついったー川柳
いえいえー。 すばらしい創造性に刺激されます!

Re: ついったー川柳
紹介 + ベータテストありがとー。いつも助かってま...

Re: 赤い帽子
はいっ。またJavaジャヴァした世界に飛...

Re: 赤い帽子
こんにちは。移籍したのですね。今後ともよ...

Re: それでも僕はやっていない
映画のタイトルがそれを示唆しているのだと...

Re: それでも僕はやっていない
わたしもその映画見ました。 ラストが衝撃かな。。。 だってHappy Endじゃないんだもーん。 でも良質。たしかに役所広司はかっこいい!
3月 2008
       1 
 2  3  4  5  6  7  8 
 9  10  11  12  13  14  15 
 16  17  18  19  20  21  22 
 23  24  25  26  27  28  29 
 30  31      
2  |  今日  |  4





はてなブックマーク数

あわせて読みたい


follow yusukey at http://twitter.com


を観た。

邦題は「もしも昨日が選べたら」。
「もしも昨日が選べたら」公式サイト

自由に時間を止めたり、早送りしたりできるリモコンを手に入れてしまう主人公。
#巻き戻しは再生のみ
人生の面倒な部分は早送りして楽しげな部分だけ体験すればいいやと安直に使ってしまう。
でも人生において真に重要な部分は楽しくない部分にあり・・・というドラえもん的なお話。
途中どん底に突き落とされますが、そこはハリウッドムービー。ちゃんとハッピーなオチがついてくるので楽しく観られました。

主人公マイケルの上司役にはナイトライダーのマイケルが出てきます!

最近他に観た映画:
ア・フュー・グッドメン
トレインスポッティング
アンドリューNDR114
それでも僕はやっていない
プラダを着た悪魔
魅惑のアフロディーテ
博士の愛した数式
日本以外全部沈没
17歳のカルテ
麗しのサブリナ

WOWOW

タグ :

を観た。

キューバの米海軍基地で起きた殺人事件の犯人とされる軍人2人を、軍事法廷で裁くという映画。トム・クルーズが弁護士チームのリーダー。
裁判が進むに従って最初はバラバラの方向を向いていた弁護士チームも一丸となって成長していくという話。
落ちこぼれ兵士を矯正する、Code Red と呼ばれる仕打ちが基地内で行われていたかどうかが焦点で弁護士チームが証拠さがしに躍起になるのだけれども、なんだか最後は力業。

ジャック・ニコルソンの迫力の演技は見物だけれども、「裁判物」という大きなくくりでは先日観たそれでも僕はやっていないの方が良かったです。

最近他に観た映画:
トレインスポッティング
アンドリューNDR114
それでも僕はやっていない
プラダを着た悪魔
魅惑のアフロディーテ
博士の愛した数式
日本以外全部沈没
17歳のカルテ
麗しのサブリナ

WOWOW

タグ :

を観た。
これも以前レンタルビデオで観たこともあるので2回目。

麻薬漬けの4人組がハチャメチャやって、最後に主人公が仲間を出し抜く話。
ストーリーはシンプルだけれども、ラリった際の幻想を映像化した様がステキ。
特にトイレに潜り込む場面は最高。

最近他に観た映画:
アンドリューNDR114
それでも僕はやっていない
プラダを着た悪魔
魅惑のアフロディーテ
博士の愛した数式
日本以外全部沈没
17歳のカルテ
麗しのサブリナ

WOWOW

タグ :

を観た。
以前レンタルビデオで観たこともあるので2回目になります。

原題は Bicentennial Man - 二百年続く男。
Bicentennial Man (1999)

I, Robot を書いたアイザック・アシモフの短編が原作の映画。
お手伝いロボットがひょんな拍子から自我を確立し、自らの創作活動や、人間と同等の扱いを求めるようになるという、古典的なストーリー。
というか、そもそも原作がロボット物としては古典中の古典、オリジナル中のオリジナルですね。

現在でも人間の身体的特徴、運動能力をある程度模すことはできていますが、人間の複雑な「心」を模すことができるようになるのは現実的にはまだまだ先だと思います。
また人間が真に人間「的」な物を作ることには倫理的にも社会的にも難しい面があります。
しかし面倒な話は抜きに、ロマンがあるし、これは映画としてはとても面白く作られています。

創造性を持つロボットができたならば、その創造性は開発者の思想を元に産まれているのだから開発者の思想を超えることはないんじゃないか?
でも、人間の創造主は人間の現在に至るまでの創造性を全て予見できていたのか?出来ていないのであれば、同じ事がロボットでも起こりえるんじゃないか?
などと想像が膨らみます。

ロボット三原則を当然の如く最優先に守りながら行動しているロボットが、最終的には人間らしさを得、人間として認められて、ロボット三原則を破る行動に出るのは泣かせます。

途中ロボットを製造した会社としてでてくるロボティクス社は Oracle 本社が出てきます
データベースのアイコンを並べたような前衛的なデザインの Oracle 本社は先進的なロボットを開発する会社のモデルとしてはぴったりですね。
未来のサンフランシスコの町並みもちょっと興味深いです。


Google Maps - Oracle 本社


ところでリトル・ミスに貰った子犬のぬいぐるみ、Woofy はどこへ行ったのかしら?
置きっぱなしの伏線のような気が・・・。




最近他に観た映画:
それでも僕はやっていない
プラダを着た悪魔
魅惑のアフロディーテ
博士の愛した数式
日本以外全部沈没
17歳のカルテ
麗しのサブリナ

WOWOW

タグ :