<< Twitter API の負荷制限 "rate limiting" が発動 | Home | Twitter4Jからの投稿 >>

Twitter API の負荷制限 "rate limiting" が発動 - 続報

Rate Limiting について詳細がアップデートされました。
API Documentation > Rate Limiting

Rate Limiting

Clients are allowed 70 requests per 60 sixty minute time period, starting from their first request. This is enough to make just over one request per minute, per hour, which should meet the needs of most applications.
Rate limiting applies only to authenticated API requests; requests for the public timeline do not count. POST requests (ex: updating status, sending a direct message) also do not count against the rate limit.
If you are developing an application that requires more frequent requests to the Twitter API, please contact us and we'll see what we can do. We maintain a white list of known-good screen names who have high-volume API needs.


つまり、認証が必要な情報取得系の API のみが対象になりそうです。
ステータスの更新やダイレクトメッセージの送信などはチケットを消費しません。
よって頻繁にステータスを更新する人でも、強制リフレッシュさえしなければ1分に1度のリフレッシュ設定で問題ありません。

残り呼び出し回数は定時にリフレッシュされるものではなく、最初に API を呼び出したタイミングからカウントされるようです。
つまり 14:50〜14:59 に50回呼び出して、15:00〜15:15に20回呼び出したらアウトです。

制限を超えて呼び出したらどうなるか・・・は仕事が終わってから調べてみます。




コメント追加 トラックバック送信