<< Java屋が触る C# / その1 - Visual Studio Express で Hello World | Home | Java屋が触る C# / その2 - コマンドラインでコンパイル・実行 >>

'Second Life' 仮想世界内で無限増殖!?

Second Life とは仮想世界の中での生活を楽しむ一種のゲームです。
ユーザに与えられるのはその世界そのもので、中で何をするのかは自由。
ただ、ゲームの中には実際に経済があって、ゲーム内で使う通貨Linden を現実世界のお金で買って(現在$1=271Lindens)生活します。
で、何が話題になっているかというと、CopyBot と呼ばれる仮想世界内で物体を複製するプログラムが現れたそうです。
- CNET.com - 'Second Life' faces threat to its virtual economy

当然物が無尽蔵に増えれば仮想世界内の経済もバランスがとれなくなります。
さらに問題なのは Second Life を運営(経営?)する Linden Lab が、この問題に対して有効な対応策を編み出せるかどうかハッキリしていないことです。
現在のところはこの手のツールを使ったアカウントは抹消するということで沈静化を試みているみたいです。
米国では数々のリアルワールドの会社が仮想世界内に出店し始めて、ビジネスモデルを構築しようと奮闘している段階らしいのでなにかと混乱を呼んでいるようです。

なんだか冗談のようですが・・。

タグ :



コメント追加 トラックバック送信