<< Instant WebLogic | Home | Parallels Desktop for Mac の仮想ハードディスクサイズを拡張する方法 >>

NetBeans 5.5 リリース

いつのまにかベータが解けて NetBeans 5.5 がリリースされていました。
http://www.netbeans.org/

プラグインとか気にせずインストールしたらそのまま使えるのが魅力的です。
入れてみましたがサクサクっと動いてかなり快適です。
ただ JSP の編集中に例外が発生して保存ができないバグに遭遇しました。環境依存かもしれませんが。

様々なプラグインから選んで好みの環境を作れるのが Eclipse の魅力だと思いますが、同じ事をするのに共通の方法がないことになります。
なので、
「war ファイルってどうやってつくるの?」
「プラグインは何使ってる?」
「えーと・・・WTP?」
「うーん、Lombozしかわかんないや」
とかいうことが発生します。

ネイティブのGUIエレメントが使えるのでプラットフォームのL&F;を継承するし高速!という触れ込みの SWT も今では Swing と比べて特別速いということはないですね。
しかもルック&フィールもOSネイティブというよりは、「SWTです」って顔になっちゃってて、むしろ Swing の方が OS と馴染んでしっくりくる L&F; を提供してくれます。

個人的には本命は JBuilder なんですが、どうなんでしょう?
2006年Q4に出荷予定のはずですが・・。

タグ :



コメント追加 トラックバック送信