MacとJavaと映画と


最近のエントリー


最近のレスポンス
Re: ついったー川柳
いえいえー。 すばらしい創造性に刺激されます!

Re: ついったー川柳
紹介 + ベータテストありがとー。いつも助かってま...

Re: 赤い帽子
はいっ。またJavaジャヴァした世界に飛...

Re: 赤い帽子
こんにちは。移籍したのですね。今後ともよ...

Re: それでも僕はやっていない
映画のタイトルがそれを示唆しているのだと...

Re: それでも僕はやっていない
わたしもその映画見ました。 ラストが衝撃かな。。。 だってHappy Endじゃないんだもーん。 でも良質。たしかに役所広司はかっこいい!

Re: それでも僕はやっていない
確かに、ラストの落としどころは良いですね...

Re: それでも僕はやっていない
ボクもこないだ観たよ~。 いや~、怖いね、満員電車。 ラストシーンが好きだったね~。小日向文世...

Re: 帯状疱疹
おぉ、聞いたことないけれども何かとかかっ...

Re: 帯状疱疹
家のカミサンもなったことがあります。 早くよくなるといいですね。
10月 2006
 1  2  3  4  5  6  7 
 8  9  10  11  12  13  14 
 15  16  17  18  19  20  21 
 22  23  24  25  26  27  28 
 29  30  31     
9  |  今日  |  11





はてなブックマーク数

あわせて読みたい


follow yusukey at http://twitter.com


lsof でプロセスとポートの関係を暴くことが出来るのは知っていたけどもやったことがありませんでした。
ちょっと手を動かしてみたのでメモ。

・特定のポートを開いているプロセスを確認する方法
1. netstat で開かれているポートを確認
2. lsof -i:[port] でプロセスID を確認
他のユーザがリスンしている場合は root で確認する必要がある。
root 以外で lsof を実行して、他のユーザがリスンしている場合は特にエラーも出ない。
3. ps でプロセスの詳細を確認

$ netstat -an|grep LISTEN|sort
tcp4 0 0 *.3951 *.* LISTEN
tcp4 0 0 *.5432 *.* LISTEN
tcp4 0 0 127.0.0.1.1033 *.* LISTEN
tcp4 0 0 127.0.0.1.631 *.* LISTEN
tcp6 0 0 *.5432 *.* LISTEN
$ sudo /usr/sbin/lsof -i:5432
COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
postgres 180 postgres 5u IPv6 0x02feac50 0t0 TCP *:postgresql (LISTEN)
postgres 180 postgres 6u IPv4 0x039eee8c 0t0 TCP *:postgresql (LISTEN)
$ ps aux -p 180
USER PID %CPU %MEM VSZ RSS TT STAT STARTED TIME COMMAND
postgres 180 0.0 -0.0 33488 1004 ?? S 1Jan70 0:00.33 /usr/local/pgsql/bin/postmaster -i -D /usr/local/pgsql/data

Windows では Process Explorer で調べられます。

・特定のプロセスがリスンしているポートを確認する方法
1. lsof -p [pid] で一覧
2. registered port が表示された場合、具体的なポート番号が知りたい場合は
IANA で調べられる。
#コマンドではどうやって調べるんでしょう??
$ sudo /usr/sbin/lsof -p 180 |grep LISTEN
postgres 180 postgres 5u IPv6 0x02feac50 0t0 TCP *:postgresql (LISTEN)
postgres 180 postgres 6u IPv4 0x039eee8c 0t0 TCP *:postgresql (LISTEN)


Windows の場合はこちらのエントリを参照。
このポートは誰が開いているの? このプロセスはどのポートをリスンしているの? - Windows 編

J2EE アプリケーションの開発をしていると「filter-mapping って servlet-mapping より前?後?」とか「セッションタイムアウトを設定するのは web.xml のなんて名前の要素だっけ?」とかしばしばデプロイメントデスクリプタの定義を確認する必要がでてきます。

一発 WebLogic をブックマークしておけば安心。
各種デプロイメントデスクリプタを説明するページに一発で飛べます。
やり方は簡単。バージョン名をクリックして、見たいデプロイメントデスクリプタを選択するだけ。勝手に該当ページへジャンプします。

デプロイメントデスクリプタを選択しているところ

ちなみに web.xml を選択した場合、WLS8.1 ならば Servlet API 2.3、WLS9.2 なら Servlet API 2.4 といった具合に、WLS が対応しているバージョンに対応するページが表示されます。

タグ : ,