MacとJavaとアーチェリーと


最近のエントリー


最近のレスポンス
Re: 30になりました!
はい。大台にのってしまいました! 癒し系プログラマめざしてがんばります! 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い...

Re: 30になりました!
大台に乗ったね。でも、人生、実はまだまだ...

Re: 30になりました!
ありがとうございます! そうですね。今のトコ順調に言ってますねw Dannyさんのおかげさまです。 ホント今後ともよろしくお願いいたします。

Re: 30になりました!
ありがとうございます。着実にキャリアアッ...
8月 2006
   1  2  3  4  5 
 6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19 
 20  21  22  23  24  25  26 
 27  28  29  30  31   
7  |  今日  |  9







はてなブックマーク数

あわせて読みたい


follow yusukey at http://twitter.com


8月5日には戸田市と板橋区が合同で開催している花火大会が催されました。
毎年に近い勢いで見てます。

今年は奮発して有料観覧席を確保したのが大正解!
めちゃめちゃゆったりしてて、大迫力で見られました。

もちろんカメラを持参してパシャパシャ。



撮影は絞り F11 で、リモコンを使ってバルブ撮影。
花火が登っている間に開放して、破裂してから適度なタイミングで閉じるといった感じ。
開放したまま黒い覆いで手動シャッターをして、気に入った花火を好きなタイミングで撮影するという多重露光も試みたけど、夜空のどこからどこまでがフレームに収まっているのかわかっていないので面白い写真はとれなかった。
E-330 のライブビューに慣れているためファインダーを覗かずに心眼で撮るようなことしてないため、どの角度に向けてどれくらいの焦点距離で撮るとどこが写るのか、という感覚が全くないです。

あと、開放中にフォーカスリングをずらすテクニックをどこかで見たけどメカニカルにフォーカス制御されてない E-330 では開放中フォーカスをいじれませんでした。
かわりに開放中にズームさせて撮ってみたらたまに面白い写真が撮れてました。あんまり花火に見えないけど。

構図はともかく誰がどうとってもそれなりに綺麗に写る花火は被写体として最高!

タグ :



コメント追加

タイトル
本文
HTML : b, i, blockquote, br, p, pre, a href="", ul, ol, li
名前
E-mail
Webサイト
保存しますか? はい  いいえ 

E-mailは公開されません, このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。(解除可能)

トラックバックURL http://yusuke.homeip.net/diary/.action?entry=1154788166000