JavaとアーチェリーとGPSと諸々と

今日はウィングロードの試乗2回目。
乗る車は希望色のキングフィッシャーブルーで、エアロじゃない CVT モデル。


水色と青の中間くらい、うっすら黄色がまざったような(気のせい?)色はカタログでみた以上に綺麗!
今日は荷物を積まずに乗ってみたけどもやはり CVT はスムースで気持ちよいです。
排気量が現在のブルーバードの2.0リットルに比べ、1.5リットルとやや少なめなものの信号待ちからのスタート時にややがんばっている感じがする程度で遜色ないです。

さて、値引き交渉は「トヨタもがんばってくれてるので迷わずに済む値段を出してください!」とお願いしました。
やはり「いくらなら決めてもらえます?」と聞かれ「165万!」
「ははは・・。それは無理ですががんばります」
しばらく待たされると 185 万という値段が出てきました。
いきなり許容範囲内の値段です。
もう一声いけるかなー?ということで
「うーん、175万にはならない?」->「183万」
「うーん、177万にはならない?」 -> 「180万!もう勘弁!」
「ではその値段でヨロシクお願いします!」と言いながらガシっと握手を交わしました。
で、握手を交わしたまま「ETC機器の載せ替えもその値段でお願いします」と最後のおねだり。
苦笑しながらも Ok してくれました。

車庫証明はなんとしてもやらせてください、ということなのでお願いしてしまいましたが、ガソリン満タン納車、持ち込みナビ取り付けにはしてくれることに。
実質31万円引き位となり満足。
もっと粘りたければ Blue Stage と Red Stage で合い見積もりをすれば良いのでしょうが、早く決めたいので今回はやりませんでした。

納車は6月末から7月頭になるとのこと。楽しみ楽しみ。

タグ :