MacとJavaとアーチェリーと


5月 2006
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30  31    
4  |  今日  |  6








はてなブックマーク数


follow yusukey at http://twitter.com



侍はタブ表示できる GUI の tail ユーティリティです。

タブ表示で複数のログファイルを一つのウィンドウで監視したり、インクリメンタルサーチしたりと開発時、運用時に重宝します。
Java/Swing で作られているので Mac OSX、Windows、Linux など Java が動作するあらゆるプラットフォームで動作します。
ちょっと変わった機能としては、CSV のグラフ化や、Java のスレッドダンプ、GCログの解析機能などがあります。
侍2.0.6

侍2.0.5からの変更点
・スレッドダンプペインの見やすさを向上
アイドル状態のスレッドの折りたたみ具合を IE ライクに。
・スレッドダンプ解析結果の保存機能を追加
・weblogic.Admin コマンドによるスレッドダンプ解析機能の追加
WebLogic Server で JRockit を使いかつ、weblogic.Admin という管理コマンドでスレッドダンプを出力させた場合、通常と異なるフォーマットで記録されます。
この特殊なフォーマットに対応しました。
WebLogic Server 8.1 SP1〜SP5、9.0、9.1 とそれぞれに付属の JRockit で検証しています。


より見やすくなり、解析結果保存機能がついた侍2.0.6

起動はこちらから -> http://yusuke.homeip.net/samurai/samurai.jnlp
(要JDK1.4以降 & Java Web Start)


Donation:
(要PayPalアカウント)

タグ :