MacとJavaと映画と


最近のエントリー


最近のレスポンス
Re: 赤い帽子
はいっ。またJavaジャヴァした世界に飛...

Re: 赤い帽子
こんにちは。移籍したのですね。今後ともよ...

Re: それでも僕はやっていない
映画のタイトルがそれを示唆しているのだと...

Re: それでも僕はやっていない
わたしもその映画見ました。 ラストが衝撃かな。。。 だってHappy Endじゃないんだもーん。 でも良質。たしかに役所広司はかっこいい!

Re: それでも僕はやっていない
確かに、ラストの落としどころは良いですね...

Re: それでも僕はやっていない
ボクもこないだ観たよ~。 いや~、怖いね、満員電車。 ラストシーンが好きだったね~。小日向文世...

Re: 帯状疱疹
おぉ、聞いたことないけれども何かとかかっ...

Re: 帯状疱疹
家のカミサンもなったことがあります。 早くよくなるといいですね。

Re: 帯状疱疹
うーん、仲間がいると思うと気が休まります...

Re: 帯状疱疹
聞いたことなかったですけど、結構かかる人...
2月 2006
    1  2  3  4 
 5  6  7  8  9  10  11 
 12  13  14  15  16  17  18 
 19  20  21  22  23  24  25 
 26  27  28     
1  |  今日  |  3





はてなブックマーク数

あわせて読みたい


follow yusukey at http://twitter.com


自分は何しろ根っからの方向音痴なもんだから日本ではカーナビが必需品!
海外でも心おきなくドライブできるようにということで GPS による何かしらを入手しようと検討することに。
まず考えたのが PDA ベースの GPS ナビ。PC は好きでないので Windows CE ベースのソリューションは除外。
CompUSAの検索結果
どうやら直づけのが$249.99、Blueltooth接続のが$289.99。
Palm本体の対応機種では一番安いと思われるTungsten E2と合わせると$500近い出費。
Palm は去年 IBM が Java 環境を出したころから Palm OS 5.x ベースのマシンをいじってみたいと思っていたもののやや予算オーバーな感じ。

PDA 一直線で検討していたけれども、Windows / Mac 向けのだと GPS レシーバと地図込みで $100 前後のがあるのに気が付いた。
ラップトップ広げてドライブなんてあり得ない!と思ってこの手の製品はかつて眼中に入ったことはなかったけど、費用対効果(費用対頻度?)を考えると、海外で時々使う程度ならアリかと思えてきた。

Mac OSX 向けでメジャーなものはRoute 2004 Macというものらしい。
まだサポートはしているみたいだけど、2004年とやや古めなのが気になる。
日本で使ってる DVD ナビでは 2001 年くらいの地図を平気で使ってるけど。

PC 用ではマイクロソフトがだしているStreets & Trips 2006 with GPS Locatorというのがよさげ。
悩んだ挙げ句、今週末は両親も遊びにくるので、PCユーザの父も使えてちょうど良いだろうということで PC 用のを買うことに。
座標を取得して地図を描画する程度ならきっと Virtual PC でも実用的に動いてくれるでしょう!
というわけで、近所の CompUSA で税込み $107 くらいで購入。

中には GPS レシーバ本体と、USB 接続ケーブル、ソフト本体の CD-ROM と地図の CD-ROM(DVDではない)が。

Microsoft Streets & Trips 2006 - 中身

インストールにはキーの入力もアクティべーションも不要でとてもスムース。
屋内ではまともに電波は拾えないと思うので、Yerba Buena 公園で実験してみた。
USB 接続の GPS 機器なんてマイナーなものがちゃんと Virtual PC で認識できるか心配だったけども、問題なく動作!
ちょっと怪しいけどレシーバとラップトップを持ったまま歩くと時速 3マイル、とか表示されるのが当たり前だけど面白い。だいたいプロットは毎秒くらいのタイミングで行われているみたい。


Mac OSX 上の Virtual PC 内で GPS!

パッケージや説明書によると、GPS レシーバはもちろん MS が作っているものではなく、Pharos というメーカの OEM 製品であるらしいことがわかる。
メーカーのリンクを辿ると、なんかレシーバだけでも売ってたりするのを発見。
ん、GPS レシーバって各社プロプライエタリなプロトコルを使っているのかと思ったけど、標準的なインターフェースがあるのかな?
地図だけ売ってる GPS ソフトはすでにその会社のレシーバを持っている人のアップデート向けと思っていたけど、他社のにも繋がるのかもしれない。
つまり、別途 Mac OS X 向けの地図ソフトを使えば Virtual PC を使わなくてもネイティブでこのレシーバに繋げられるかも?
というわけで Mac の Root 2004 のサイトを確認。

1. Which GPS devices are supported?
All GPS receivers that meet the following requirements can be used with 迭OUTE 66 Route 2004:

Protocol: NMEA-0183 v2.0 or higher (RMC, GSA, GSV)
Map datum: WGS84
Baud rate: 4800 115200 bps

どうやらあ NMEA-0183 v2.0 っていうのがキモらしい。

で、調べてみると付属の Pharos 360 は
"Protocol: NMEA-0183 (V2.3) standard"対応
とのこと。
なるほど。Virtual PC のパフォーマンスに耐えられなくなったら検討することにしよう。

しかし、調べてみると GPS はサインクリングのルートをプロットしている人やらMac mini を車載してカーナビにしている人やら奥が深い。
PC 版の Google Earth も 年間 $20 払うと GPS に対応するらしい!

うーん、なんか面白そう。こうなると自分でなんか作りたくなる。
とりあえず Java と USB 周りの記事を探しておいた。
JavaアプリケーションからUSBデバイスにアクセスする
javax.usb.* の使い方。javax.usb.* は JSR-80 で規定されていて、2005年6月に final release が勧告されているけど、先日ベータ版がでた Java 6.0 の API には含まれていないみたい。

libUSB
USB にアクセスするための汎用Cライブラリ。
SourceForge - Java USB
Mac OSX 向けと思われる native/macosx.c ってのもある。
NMEA-0183フォーマット

タグ : , ,



コメント追加

タイトル
本文
HTML : b, i, blockquote, br, p, pre, a href="", ul, ol, li
名前
E-mail
Webサイト
保存しますか? はい  いいえ 

E-mailは公開されません, このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。(解除可能)

トラックバックURL http://yusuke.homeip.net/diary/.action?entry=1140856229021